×

CATEGORY

ALPHAブログ
端午の節句【五月人形】

CONTENTS

CATEGORY

端午の節句【五月人形】

株式会社 やました
会社案内

【在庫切れ商品について】当サイトのショップの在庫数が0となっていても、当社の各店舗にも在庫がありますので、又すぐにショップ上の在庫数が1になる場合がございます。0の場合は日を改めてトライしてみて下さい。宜しくお願い致します。
HOME»  5月 端午の節句

端午の節句

端午の節句

端午の節句とは

中国での端午の記録は晋の周処による『風土記』に記録される「仲夏端午 烹鶩角麦黍」である、また『荊楚歳時記』にも記載されており、端午当日は野に出て薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩に巻き病を避け、邪気を払う作用があると考えられた蓬で作った人形を飾り、また菖蒲を門に掛け邪気を追い払うと同時に竜船の競争などが行われていた。これは現代日本においても菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入る風習が残っている。
日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられた。すなわち、端午は元々女性の節句だった。
宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集い天皇から薬玉(くすだま:薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を賜った。かつての貴族社会では薬玉を作りお互いに贈りあう習慣もあった。

五月人形・こいのぼり

五月人形・こいのぼり

鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになった。鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方である(ただし「こいのぼり」が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが京都を含む上方では当時は見られない風習であった)。
鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められている。こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願している(こいのぼりの項)。典型的なこいのぼりは、5色の吹き流しと3匹(あるいはそれ以上)のこいのぼりからなる。吹き流しの5色は五行説に由来する。

ご案内

端午の節句 こいのぼり
徳永こいのぼり

鯉のぼりについてはこちらをご覧ください。
徳永こいのぼりのカタログページが開きます。

端午の節句 商品一覧

当店の商品一覧はこちらです。